会社が倒産した時にやっておくべきこと3

「会社が早期退職を募っている」
「会社での給与が減ってきた・・・」
「何だか潰れそうな気配がする」
と勤めている企業(会社)から
リストラ(クビ)を宣告されることも
あるかと思いますが、勤めている会社倒産して
潰れてしまうこともあるかもしれません。

では実際に会社が倒産した時に、
どのようなことが起り、どのような対処をするべきなのでしょうか?

倒産して、ある程度経ち、
離職票が届いた後はどうしていくべきでしょうか?
まず1番初めに確認するべきことは離職票を見て
「自己都合退職」になっているか「会社都合退職」
なっているかの確認です。

会社倒産した場合の退職手続きも
基本的には通常の退職と変わりませんが、
1つ大きな違いとして言えるのは、
「会社都合退職」であるということです。

すぐに再就職できる場合は良いのですが、
すぐに再就職できる予定が無ければ
ハローワークから「失業給付金」を貰う必要があります。
しかしながら、ここで離職票
「会社都合退職」ではなく「自己都合退職」になっていると厄介なのです。
何が厄介かと言えば失業給付金(失業保険)
「会社都合退職」と「自己都合退職」では
「受給できるまでの期間」全く違うからです。

会社都合退職の場合は、
すぐに失業手当がもらえます
(正確に言えば7日間待機したあとです)

それに対し自己都合退職の場合は、
自分から仕事を辞めたということで、
3ヶ月のペナルティ(給付制限)を受けます。
つまり失業手当は会社を辞めてから3ヶ月経って支給されます

また、失業手当が当たる受給期間も異なります
会社都合退職の場合は、
会社都合の場合では、最大の受給期間
330日となります。

しかし自己都合退職の場合は、
最大でも150日です。

自己都合退職会社都合退職では、
このように大きな違いがあります。
故に「自己都合退職」だと金銭的に非常に不利になるのです。
しっかりと離職票に「会社都合退職」と書き込まれているか
チェックするべきです。

特に倒産の場合は、企業(会社)自体が消滅してしまうケースが多いので、
書類のチェックは渡されたときに十分行い、
早めに役所等への提出を済ませておきましょう。

では次項に関しましては、
倒産・リストラ後の再就職について
語っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です