第3日目:失業給付金がもらえる日【初回認定日】の対応の仕方

「会社都合で解雇されてしまった」
「解雇されたあとの再就職と失業保険はどうしようか」
「解雇されたら失業給付金ってどうなるの?」
リストラ(クビ)になったあとに
雇用保険(失業保険)の手続きをすると
「失業給付金(失業手当て)」を貰えますが、
その手続き方法は多少ややこしいものです。

以前はその失業給付金を貰うために
ハローワークに行こうと書かせて頂きました。
第1日目:失業保険(雇用保険)を申請する際に使う【離職票】って何?

そして失業給付金を貰うためには、
受給説明会というものを受けに行くというのが、
前回で説明した内容です。
第3日目:失業給付金がもらえる日【初回認定日】の対応の仕方

今回はその後の対応ですが、
また認定日にハローワークに行きます。今度持っていくものは、

・ハローワークカード
・印鑑
・雇用保険受給資格者証 (受給説明会で配られたもの)
・調査票(受給説明会に配られたもの。事前に提出した方は必要ありません)

以上4つです。この認定日にやることは、
どんな求職活動を行ったかを報告することです。
その際のハローワークから認められている
求職活動を報告する必要があります。
その求人活動一覧を以前の記事で書きました。
ハローワークが認める求職活動実績とは?一覧付き

次回からも、このような認定日にハローワークに行き
求職活動を報告するというこの繰り返しです。
次の4週間後の認定日までに、
求職活動を2回以上しておく必要があります。

会社都合退職の方は、この月から失業給付金が当たりますが、
自己都合退職した人は、これから3ヶ月間制限期間があるので、
それまで給付金を待つことになります。
以上で失業保険を受け取る際の流れでした。

では次項に関しては、
どうしても認定日にハローワークに行けない時の対処法
お話ししたいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です