失業保険(雇用保険)を申請する際に使う【離職票】って何?

「契約社員だけど解雇されてしまった」
「解雇通知書が来たあとに失業保険の手続きをしたい」
「退職勧奨で解雇されたけど失業給付金ってどうなるの?」
リストラ(クビ)になったあとに
雇用保険(失業保険)の手続きをすると
「失業給付金(失業手当て)」を貰えますが、
その手続き方法は多少ややこしいものです。

前回ではその失業給付金を貰うための準備を
以前の記事で書かせて頂きました。
失業保険(雇用保険)を貰うための必要書類を準備しよう

その際に【離職票】というものが、
必要になるのですが、ではその離職票とは
一体なんなのでしょうか?

離職票は、退職後に会社から届けられる書類です。
送付元は会社ですが、作成はハローワークが行います。
つまり書類の流れとしては
1にハローワーク、2に会社、3に自分
に届くという流れです。

離職票には、
失業保険の最大受給日数日額を計算するのに
必要なデータが記録されています。
そのためにハローワークで失業給付金(失業手当て)
手続きをする際に離職票が必要になってくるのです。

離職票は退職から10日以内に作成し、退職者に渡す。
と法律で定められておりますが、
実際に10日以内で作ってこられる会社は少ないものです。
特に中小企業だとなおさらです。
しかも日数で10日のため、会社はさらに敬遠しがちです。
土日祝や正月休み、お盆休みが途中にあったとしても、
法律上では10日以内の作成です。

これは失業者を守るための制度ですが、
ハローワークで作成して、会社に送り、さらに退職者に送るので、
手間と労力がかかるので時間も掛かります

とは言え、リストラされたりした失業者の中には、
失業給付金の手続きをしたいので、
一刻も早く離職票を欲しがっている方もいらっしゃいます。

もしも10日以内で送ってこない企業(会社)があれば、
黙っていたとしても事態は好転しづらいものです。
10日以内で送ってこない際は、会社側の違法行為ですので、
すぐに手続きして送付して欲しいと連絡した方が良いです。

中には何も言わなければ、
2週間でも1カ月でも送ってこない会社もありますので、
気を付けましょう。

では次項に関しては、失業保険をもらうために、
実際にハローワークに行って何をするか
書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です