認定日は変更してもらえない!?どうやっても変更してくれない!?

「会社都合で解雇されてしまった」
「解雇されたあとの再就職と失業保険はどうしようか」
「解雇されたら失業給付金ってどうなるの?」
リストラ(クビ)になったあとに
雇用保険(失業保険)の手続きをすると
「失業給付金(失業手当て)」を貰えますが、
その手続き方法は多少ややこしいものです。

さて以前より「失業給付金(失業手当て)」を貰う際には、
認定日にハローワークに行かないといけない
何度か書かせて頂いています。

その認定日ですが、どうしても認定日に用事が入ってしまった際は、
どうしたら良いのでしょうか?
結論から言えば、なんとしてでもハローワークに行ってください

認定日はハローワークが指定してきます。
そして、この認定日の変更はまず認めてくれません
変更してもらう際は「余程の事情」が無い限り、
認めてくれないことになっています。

変更を認めてくれる内容は主に以下の11点になります。

1、【既に就職済みで働いている】
既に働いているため、就職活動が必要ない状態です。

2、【採用試験で筆記試験や面接中】
元々、このような就職活動が目的なので問題ありません。
ただし、会社で採用試験したというなんらかの証明が必要です。

3、【本人の病気、ケガ】
病気やケガで動けない、外出できない場合です。
ただし、病院の診断書のような医師の診察用紙が必要です。

4、【各種国家試験や検定の試験資格の受験】
これも受験をしていたという証明が必要です。

5、【親族やその配偶者などの葬儀もしくは危篤状態】
血族6親等以内、配偶者及び3親等以内の姻族の
葬儀、もしくは危篤状態であれば変更可能。

6、【同居の親族の看護・介護】
同居している血族6親等以内、配偶者及び3親等以内の姻族の
介護・看護が必要なときは変更可能

7、【配偶者、3親等以内の血族又は姻族の命日の法事】

8、【本人の婚姻または親族の結婚式の参加】
本人が結婚した場合、時と場合によっては新婚旅行中も
認定日を延長してくれることがあります。

9、【中学生以下の実子の入学式または卒業式等への出席】

10、【水害・災害・地震・交通事故などの場合】

11、【証人・鑑定人・参考人として国会、裁判所、議会などに出頭したとき】

と11点述べましたが、一番重要なのは、
これらを口実で言ったとしたら、
必ず「証明できるものを出すように」と言われます。

つまり嘘を言っていたとしても、
証拠が無いので、認定日はズラしてもらえないということです。
認定日については、ハローワークはかなり厳しいくやっているので
注意して行動していきましょう。

では次項に関しましては、
会社が倒産した時のその後の対処法を語っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です