手に職が無い方の再就職方法

「リストラされてから再就職どうしよう・・・」
「なかなか仕事が決まらない」
「何件も面接を受けても、落ちるだけ」
と勤めている企業(会社)から
リストラ(クビ)されて再就職という方も
たくさんいらっしゃるかと思います。

再就職の際はつらい道のりもあるやもしれませんが、
仕事を勝ち取るために頑張っていきましょう。

さて手に職がある方でしたら、
ある程度、就職の見通しは立ちますが、
問題は自分自身「手に職が無い」と言われる方々です。

こうなると今後の進む道は、業種を変更することになることも
考慮しないとなりません。
手に職があれば同じ業種でキャリアアップも目指せたかもしれません。
ですが手に職が無いということであれば、
何個か同じ業種に求人応募して、ダメであれば、
キャリアチェンジも考える必要もあります。

正直言えば、業種を変更するということは
未経験から再出発になり給与は新卒者などの未経験者か
それ以下の給与で働くことあることも覚悟するべきです。
年齢はまず考慮されませんし、逆に年齢が足かせとなって
新卒者より低くなる可能性もあります。
辛いことですが、これが現実です。

例えリストラ前に大企業に勤めていたとしても
あまり期待は出来ません。
求人企業が欲しいのはその業務をするに当たって能力がある人間です。
前職がどこであるかは補足事項にすぎません。

もし可能であれば、会社員時代のコネを使って、
就職するのも手です。恥を忍んででも、
何か勝ち取る覚悟を持って行動していきましょう。

中高年で業種を変えるとすると、
一般的には介護、警備、清掃、飲食店の裏方が多い状況です。
また、時にアルバイト派遣社員での就労も考えないといけません。
現実は甘くはありません。リストラや倒産にあった時点で
甘くはないことは御理解いただけたかと思いますが、
その中でも就職先を勝ち取る必要があります。

では次項に関しましては、
再就職を勝ち取るためのハローワークや人材会社の利用法
語っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です