自己都合の退職と会社都合の退職。どっちがお得?2

「クビになった場合、どんな手続きが必要なのだろう?」
「会社都合のリストラってどうなるのだろう?」
「会社を辞める手続きってどうするのだろう・・・」
リストラ(クビ)になったあとに
失業保険(雇用保険)のことは聞いたことはあっても、
その申請方法受給額など気になる方も多いかもしれません。

前回では「自己都合」「会社都合」で、
失業手当(失業給付金)の内容も大きく異なってくる
説明いたしました。
自己都合の退職と会社都合の退職。どっちがお得?

今回はその詳細な説明ですが、
自己都合退職会社都合退職では、
まず失業手当が当たるまでの期間が違います

会社都合退職の場合は、
すぐに失業手当がもらえます
(正確に言えば7日間待機したあとです)

それに対し自己都合退職の場合は、
自分から仕事を辞めたということで、
3ヶ月のペナルティ(給付制限)を受けます。
つまり失業手当は会社を辞めてから3ヶ月経って支給されます

また、失業手当が当たる受給期間も異なります
会社都合退職の場合は、
会社都合の場合では、最大の受給期間
330日となります。

しかし自己都合退職の場合は、
最大でも150日です。

自己都合退職会社都合退職では、
失業手当に関しては大きな違いは以上ですが、
他にも、公共職業訓練に入校しやすくなるかそうでないかなど、
細かな違いもいくつかあります。

失業保険の1か月分の自給額こそ一緒でも、
「自己都合退職」と「会社都合退職」では
これだけ大きく不利有利が分かれます
「会社都合退職」の方が断然有利なのです。

では「会社都合退職」で辞められず
リストラ退職勧奨無理やり「自己都合退職」にされた方の場合
言わばクビになりたい。つまり「会社をクビになる方法」や「会社都合で辞める方法」
というのはあるものなのでしょうか?

次項はそういった「自己都合退職」を「会社都合退職」にする方法
語っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です